*

トップランキングのアメリカ大学に入るとはどれほど難しい?

メリカ永住組の我々の日本人の子供でトップランキングのアメリカ大学アイビーに行くはどれほど

難しいのでしょうか?

秘訣を紹介します!

あわせて読みたい注目記事!

スポンサーリンク

アメリカアイビーリーグ大学を狙う?

デンバー日本語補習校で一緒だった子供達も今頃は、もうアメリカ

大学生になっているか、もうすぐアメリカ大学入学って感じかもし

れません。

 

実はうちの長女も今年からアメリカ大学一年生になりました。

 

もう7年前にもなりますが、アリゾナ州立大学院MBAに向けてスタート

では自分のアメリカ大学院体験記をちょっとかいてましたが、今に

なっては子供達のアメリカ大学進学の方がよほど興味があります。

 

ところで2年前の現代ビシネスの情報によると大分の高校生が

ハーバード大に入学という記事が載ってました。

これまたすごーい!

という感じですね。😃

スポンサーリンク


トップランキングのアメリカ大学

実はうちの長女もアメリカアイビーリーグ大学の一つに今年から

通っています。工学系に強いアメリカ大学です。

 

トップランキングのアメリカ大学の場合、とくに私立アメリカ大学

では授業料がかなり高い傾向にあり、その金額は毎年増加しています。

アメリカ永住組で、またトップランキングのアメリカ大学に入学

させたい場合は勉強ができるのはもちろんですが、

それ以外にもいろいろなコツがあるんです

 

それを色々紹介したいと思います。

 

ぞろぞろこちらから言い始めてもいいのですが、そちらからとくに

聞きたい事ある!という方もいらっしゃると思いますので下の

コメント欄に書いていただけたらその質問にも応えていきたいと思います。

 

それでは次はアメリカ永住組の日本人の生徒たちがどれほどの競争

の中にいるかお話します。

▶️ アメリカ大学、入学許可の競争率分析公開・その1!

▶️ アメリカ大学、入学許可の競争率分析公開・その2!

▶️ アメリカ大学ランキング一覧で願書の時期を決定する!

▶️ アメリカ大学奨学金事情、知らなければ地獄。日本の大学は?

トップランキングのアメリカ大学に入るとはどれほど難しい?最後に

トップランキングのアメリカ大学に入るとはどれほど難しい?“を最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

日本でもトップランキングの大学入学はかなり難しいですが、アメリカでもこれはほとんど同じかもっと難しいんですね。

 

こちらもオススメ!

アメリカで成功する秘訣」 一覧

 

こんなのも読んでみませんか?

Youtubeから

スポンサーリンク

関連記事

2_Page_Logo_Too

5W1Hを把握すれば英会話は怖くない編・その2

今夜は海外生活の現実 良い?悪い? - 海外留学・勤務体験記のMapleさんとGメールのチャットで話

記事を読む

Double_Green_Logo_Top

アメリカ大学、入学許可の競争率分析公開・その2!

アメリカ大学、入学許可の競争率分析公開・その1!ではアメリカ大学の トップランキング大学とはどうい

記事を読む

Hex_Blue_Logo_Top

アメリカ大学で2.5重専攻。気が狂ったか~編

今日は、サクサクっと昨日の続き。 「どうして2.5重専攻をしたか。」に焦点を絞ってみよう。 僕は

記事を読む

coursera

東工大とアメリカ大学の見えない関係?Coursera?

東工大の三島学長が今年4月の入学式で9分に及ぶ式辞を 日本人の生徒に対してすべて英語ですると言

記事を読む

Red_Cloud_Logo_Top

アメリカ大学ランキング一覧で願書の時期を決定する!

アメリカ大学、入学許可の競争率分析公開・その2!ではアメリカ大学一覧 で入学許可の低い、または高い

記事を読む

university-ranking1

アメリカ大学ランキングと語学留学の知識を5分で理解する!

アメリカ大学入学、または語学留学希望の方多いと思いますが、 行きたいアメリカ大学に入るにもそれ

記事を読む

Green_Clober_Logo

5W1Hを把握すれば英会話は怖くない編・その1

今日は子供にせがまれて、IMAXの”Night at the Museum"の映画を見に行った。IM

記事を読む

2_Page_Logo_Too

アメリカ大学インターン体験談

”アメリカ大学院入学はインターンで確実に”ではインターンの話を少しして、どれだけ大事であるかは多少わ

記事を読む

us-ranking-1

アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

アメリカ大学ランキング2017が発表され、また学費激高で悩んでいます。 こう毎年ぐんぐん学費が

記事を読む

2_Page_Logo_Too

5W1H英会話の秘訣 英語版!

以前5W1H英会話の秘訣 という話をしました。 この話はこれからアメリカ留学しようとしている方

記事を読む

Comment

  1. Anonymous says:

    シリコンバレー在住で、アメリカ永住予定ですが、現在8年生の娘がいます。公立の高校に進学予定です。というかここシリコンバレーの私立の高校は授業料が高すぎとても行かせられません。娘は日本語もネイティヴ並みに頑張って勉強して来て出来ますので、日本のトップ大学も考えております。理数系が良くでき、成績も今のところ全科目良いですが、性格がおとなしく、アメリカ生まれでアメリカ育ちの割には前へ自分から出て行くタイプでは全然ないです。課外活動としてはバイオリンをやっていて地元のユースオーケストラにも所属し、コンペティションなんかも受け始めていますが、体育系は全然ダメで何もやっておりません。こんな調子で勉強を頑張っていればアメリカアイビーリーグ大学は目指せますでしょうか?よろしくお願い致します。

  2. masaru says:

    コメントどうもありがとうございました。8年生から大学準備をされているようでさすがです。僕も数年後に大学入学を控えている子供がまだ2人いるので、一緒にがんばりましょう!

    この記事も参考になるかと思います。

    アメリカ大学ランキングと語学留学の知識を5分で理解する!
    http://colospgs.ryudesigns.com/2016/03/university-ranking-language-sch.html

    これは入学願書を送る時の必要アイテムです。

    – 高校4年間の成績 (GPA)
    – エッセイ
    – 推薦状
    – SAT/ACT/SAT IIのスコア
    – 課外活動 (EC)
    – 面接

    個人的な経験として、この中で一番重要なのは:

    – 高校4年間の成績 (GPA)
    – SAT/ACT/SAT IIのスコア

    と考えています。割合としてこれらが80%重要、そして残りが20%位でしょうか。個人的な考えなので100%正確とは言えないかもしれませんが、参考にはなると思います。

    – 高校4年間の成績 (GPA)
    これに関してはもちろんGPA 4.0(Unweighted)にできるだけ近いのが目標です。また高校によってはAPクラスなどがあるので、できるだけ多くのAPクラスを取ることがコツです(または大学のクラス)。より高いレベルの授業内容(大学のクラスにより近い)に触れることとWeighted GPAの向上の助けになります。もしGPA 3.8以下に落ちてしまった場合、トップ20校への入学は実際のところかなり難しいと思います。

    – SAT/ACT/SAT IIのスコア
    アイビーリーグ以外でもトップ20くらいの大学であるとSAT IIのスコアを送る必要があります。SATとACTの場合は生徒によってやりやすいテスト形式があるので、過去問を生徒にやらせてどちらの形式があっているか早めに認識する必要があります。州によってはACTが第一で、高校3・4年になると学校でテストを受けるところもあります。どちらにしろスコアはほぼ満点に近い方が理想です。SATの場合は2300点以上(2400点満点)、ACTの場合は34以上(36点満点)、そしてSAT IIのスコアは780点以上(800点満点)というような感じをターゲットにします。SAT IIは通常2つ必要なので、例えばSAT II MathとSAT II Chemistryなどとします(大学が要求している科目を調べ、生徒が一番強い科目にする)。僕の長女の場合はACTとSAT IIを2つ受けました。

    そして残りの項目にも手をつけていきます。

    ”理数系が良くでき、成績も今のところ全科目良い”ということで何よりです。最終的にGPA 4.0を目指してがんばってください。また、AcademicチームやQuick Recallチームがあれば参加を推薦します。学校内で”より賢い”生徒たちと一緒に、学校対抗のコンペティションの経験を積むことはいいことです。

    ”性格がおとなしく、アメリカ生まれでアメリカ育ちの割には前へ自分から出て行くタイプでは全然ないです。”のところですが、高校でSpeech and Debateチームというのがあれば、参加することを推薦します。このチームでは人前で発表する、または言い合いをすることが毎週のようにあり、自分の意見をより強く言えるような練習になります。これがエッセイ、面接で助けになるのは明らかです。このごろは面接をスカイプでやるのが通常なので、この話す力はとても必要です。

    ”課外活動としてはバイオリンをやっていて地元のユースオーケストラにも所属し、コンペティションなんかも受け始めています” =>これは素晴らしいです。ですがアジア人の生徒で楽器を弾く人はほとんどなので、他の生徒と比べた時にそれほど有利になるとは思わないほうがいいと思います(よほどのコンペティションで勝った実績がある場合を除いて)。でもやめないで続けてください。音楽専攻したいなどの場合は州、全米、全世界レベルのコンペティションで上位につけている場合は願書に書く方がいいと思います。よく面接で聞かれるのが”Do you have any passion?”です。バイオリンを長くやっていればそれがPassionにもなり得ますし、そのことについて説明よくできます。またそれ以外にもボランチアや、大学での夏季スクール(高校生用)などはできるだけ参加するほうがより有利になります。

    ”体育系は全然ダメで何もやっておりません”=>これは心配無いです。僕の長女も体育系では実績ありません。

    アイビーリーグ大学そしてその他のトップ大学は競争率が激しいのでオプションを多く持つことも重要です。特にカリフォルニア州は生徒の競争率が高いのとレベルの高い大学が多いのも事実なので、その点ではいろいろオプションがあると思います。

    スタンフォード大学には僕も仕事の都合で前に何度か行き、子供もつれて学校ツアーに行きましたが、スタンフォード大学の現在の生徒は6割がカリフォルニア州からの生徒と言っていました。そうなると他州からの生徒が入るにはとても厳しいですよね。。。そちらには有利かもしれません!

    現在の時点でお子さんのトップ大学に入れる確率はもちろん少なからずあると思います。重要なのはこれから3年間(Juniorで願書を送るまで)です。がんばってください!

    • Anonymous says:

      お忙しい中、詳細なご返答を大変ありがとうございました。
      カリフォルニア州特にここシリコンバレーはアジア人の学生が大変多く、なんと娘の通っているミドルスクールではクラスにアメリカ人が一人もいません(汗)何せ恥ずかしがり屋で意見を人前で言うのが苦手なので、デイべートのクラスなどを取って少しでも人前で話せるように勧めてみます。学校の勉強は頑張って自分からしますが、これといったパッションがないのが欠点です(泣)バイオリンも飛び抜けて才能があるというわけでもなく、先生に勧められてコンペティションを受けている状態です。SATも今年三月から改正になって確か1800点満点になったらしいですが、ACTやSAT2などの情報も大変参考になりました。Stanford Universityはもちろん優秀なお子さんが入学されていられるのだとは思いますが、Undergrduateのレベルだと大学付近(PaloAlto)に住んでいる大富豪でたくさん寄付金を出しているご家庭のお子さんなど、一度不合格になったにもかかわらず、親が交渉して合格になっているみたいです。大資本主義国アメリカの一端をみる感じがします。

  3. tama says:

    初めまして。アメリカ18年で未だ永住権のない息子を今年大学に進学させました。高校を首席で卒業しアイビーリーグ他有名な私立大学にも全て受かりましたが、フルプライスの学費請求に仰天、他のビックネームの総合大学は全て進学させられない学費で諦めるしかありませんでした。我家にはまだ2人息子がおりとてもではないですが3人で1億になろうかという学費は負担出来ません。アメリカ人でも何人かアイビーを諦めて泣く泣く州立に進学していきました。息子は幸いトップテンに入るリベラルアーツカレッジから1枠のメリットスカラーシップを獲得し進学していきましたが、アイピーリーグに無理をしてでも進学させる方が将来の為に良かったのか?今でも時々心に引っかかります。アンダーでビッグネームに進学することは価値のあることなのでしょうか?まさるさんはどう思われますか?ちなみに息子は理系で将来は大学院に必ず進むと思います。

    • masaru says:

      こんにちは。コメントどうもありがとうございます。

      ”高校を首席で卒業しアイビーリーグ他有名な私立大学にも全て受かりました”とはすごい頑張り方で、どうもおめでとうございます!
      親子両方とてつもない努力をされたのだと思います。尊敬します。貴重な情報でとても誇らしいです。

      学費についてはとても残念ですが、永住権がないということなので、そうなってしまったのかもしれません。

      ところで、アイビーリーグ、その他のトップ20大学の場合はところによってInternational Student(多分あなたのお子さんはこうカテゴリされてると思う)にもNeedベースの奨学金が降りるところがありますが、それらをチェックされましたか?
      それとも、チェックはもちろんされ、家庭の収入が大きすぎて奨学金が降りなかったと理解してよろしいですか?興味深いのでよければ教えて下さい。

      とりあえず、ハーバード大の場合は

      https://college.harvard.edu/financial-aid/applying-aid/international-students

      から

      ”International students are eligible for the same amount of aid as US students, and the application process is essentially the same.”

      となっており、プリンストン大学の場合も:

      https://admission.princeton.edu/applyingforadmission/admission-faqs/international-students

      “Are international students eligible for financial aid?

      Yes. Our policy of meeting financial need in full for admitted students applies to all admitted students, regardless of citizenship.”

      となっています。

      その他

      http://www.sfs.upenn.edu/paying/paying-international-grants-scholarships.htm
      https://undergrad.admissions.columbia.edu/apply/intl_fa
      http://admissions.dartmouth.edu/financial-aid/apply-aid/international-students
      http://finaid.cornell.edu/apply-aid/international-applicants
      http://admissions.yale.edu/financial-aid-prospective-students
      https://www.brown.edu/admission/undergraduate/apply/international-applicants

      “Yale will always meet 100% of a student’s demonstrated financial need, regardless of citizenship”

      など、International StudentにもNeedベースによってなんからの奨学金が出るはずですが詳細を教えていただけるとありがたいです。

      ”アメリカ人でも何人かアイビーを諦めて泣く泣く州立に進学していきました。” ==>これらの生徒は裕福すぎる家庭のこども達ですか?実際僕の長女の場合はアイビーの一校に通っていますが、州立大学の費用より低い額で通っています。もちろん州立大学に行けばフルスカラーシップで費用はタダになるはずでしたが、州立大学の費用を払うくらいの覚悟はしていたのでアイビーに行ってもほとんど変わりません。よってよほど裕福すぎる家庭の生徒以外の場合は(また裕福すぎる家庭の場合は全額だしても子供を行かせることができる事が多い)、どういった状況なのか興味があればもっと調査する必要あるかもです。

      ”アイピーリーグに無理をしてでも進学させる方が将来の為に良かったのか?”
      これについては色々意見があると思いますが、個人的には将来の方向によって多少左右されるかと思います。

      ”理系で大学院に行く”ということが確実であれば学士はそれほど重要ではないかと思います。修士以上で理系のトップスクールに行くことができればそれでいいのではないでしょうか。”トップテンに入るリベラルアーツカレッジ”に入学されたということなのでこのチャンスはいくらでもあると思います。大学院の授業料は大学・教授によってサポートされる場合や企業からサポートなどいろいろオプションがあるのでそれらをカバーすれば大丈夫と思います。

      もし学士卒業直後に企業で働くつもりであるのであれば、できるだけ有名な大学(アイビー含めて)に行ったほうがいいと個人的には思いますが、これも意見が千差万別で中には州立大学とほぼ変わりないという人やサイトも多いです。ですが、大学は卒業直後の企業で働く生徒の収入リストを発表しているところが多いので、それを参照した上、卒業後10年、20年のトータル収入を把握した上、トップ大学に行く方が有利かどうか検討するのもいいと思います。日本人の場合は将来的に日本で働く、またはその他の世界各国で働くのかも考えて、アメリカ大学ランキング以外に世界大学ランキングも把握した方がいいでしょう。

      ここらが参考になります。

      世界大学ランキングマップ日本事情。中国強し、東大続く。就職は?
      http://colospgs.ryudesigns.com/2016/08/world-university-ranking-japan.html

      最後に覚えておきたいのは、どれだけ有名大学に行ったところで、卒業直後に職につけるかどうかはアメリカでも、日本でも大変なのはかわりなく、在学中のインターンや就活などのやり方に大きく左右されてきます。その為、有名大学卒業後に職につけない場合は元も子もないので、在学中のやり方を生徒はよく考える必要があると思います。

      参考まで。
      アメリカで大卒ニートにならない秘訣!新卒人材でも内定可能?
      http://colospgs.ryudesigns.com/2016/08/usa-neat.html

      僕も後2人子供が大学に行くので授業料が大変ですが、一緒にがんばりましょう!

      • tama says:

        こんなに早くご丁寧な返信をして下さり、ありがとうございます。アイビーに進学させられなかった理由ですが、収入が高いという理由からです。受験自体はインターナショナル生ではなくこちらの生徒と同じアドミッションでの受験になり奨学金はインターナショナル扱いとなりました。私達は30代でアメリカに来て夫が専門職についたのがここ5年程の話で、金銭面でそれ程余力はありません。多くの専門職(エンジニア、医師、弁護士)の親を持つ子供達が多い地域に暮らしており、親の間ではどうやって私立の満額の授業料を払うのか?という話が頻繁に出ます。偽装離婚する家庭も有るほどです。フェイナンシャルエイドは収入に多くかかるようですので、ある程度だと厳しくなります。この層だとおそらくはニードベースの奨学金を貰うには年収が高すぎ(でも決して裕福過ぎるわけではなくギリギリ貰えない程度)、かといって全額の費用は払えないというのが現状です。子供も3人になると尚更です。それでも子供がどうしてもアイビーや有名私立に行きたいという希望がある家庭では、家を売却し子供の進学費用を出しています。今まで必死で頑張ってきて、いざ子供が大学に行くときになるとその今まで築いた全てのものを手放さないと大学に進学させられないという事に非常に憤りを感じます。とある友人はハーバードに受かった息子があまりに高い費用で親に受かったことを黙って州立に進学したそうです。その事実を知りその方は何年もたっていても泣いておられました。アメリカの有名大学は低所得の家庭に対する保護は手厚いですが、収入が高いはずの層の家庭の子供達が高額な学費が払えず一番割をくっているという事実を他の方にも知ってもらいたいです。上位20位以内で外国人にもニードの奨学金を出すという大学は調べました。ですが、我家にはニードは出ないであろうことが分かっていたので、アイビーリーグは受かってもおそらく進学させられないと思いメリットの奨学金が出る大学を調べてアプライさせました。結果は州立はインステートでしたが外国人にはフルの奨学金は出さないとのこと、またある私立のリベラルアーツでは最終候補に残りましたが、インターナショナルだという理由で駄目になったのです。息子はいい大学に受かっても行けないという事実を知り泣いていました。そして息子が進学した大学から外国人の息子に対し1枠しかないメリットのアートスカラーシップを出してくれるという連絡があったのです。それで全ての費用の半額がカバーされる事になり何とか進学出来ました。息子は絵で政府や他の賞を獲得していましたので、奨学金の連絡を受けたときは芸は身を助けるとはこのことだと妙に納得しました。まさるさんのお子さんはNYの田舎にあるアイビーリーグですか?うちの子もそこから合格通知を貰いました。あと二人の息子のために今後も頑張ります。よろしく願いします。

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  • 不労所得などできるわけないだろ?!?画像をクリックして内容確認なう! kawasima-logo-1
  • スマホを何かに使えないかな〜?!?画像をクリックしてみると? smart-phone-affiliate-2
  • フォローしていただくと最新情報が受け取れますよ!泣いちゃうほど嬉しいです!! follow us in feedly
  • Profile Image 皆さん、こんにちは!管理人のマサルです。横浜生まれ、横須賀育ち。アメリカ移住22年目。いまだになんとかやってます。ということでアメリカ移住での成功の秘訣情報を流す決意をしました!

    ちなみに僕の今までの状況を言いますと、2007年後半に10年以上滞在したコロラドスプリングスからシンシナティーエリアに引越し。コロラド大学ボウルダー校大学院、テレコミュニケーション科修士課程終了。同校コンピューターサイエンスインターナショナルビジネス・マーケティング科学士課程終了。1998年までに同校初のコンピューターサイエンス科を含む日本人二重専攻達成。アリゾナ州立大学院MBA終了。

    ルーセントテクノロジー、MCI、HP、アジレントテクノロジー、インテルなど大手企業でエンジニアとして働く。片手間に国際アメリカ大学(NAU)、コロラド技術大学(CTU)の教授として、コンピューター関係のクラスを6年ほど教えた経験あり。某メーカーでロボット工学エンジニアとして勤務後、アメリカ屈指の子供病院にて、リサーチIT部門でpetaバイトスケールのデータストーレジ責任者に。現在は子供達のアメリカ高校教育、アメリカ大学進学、またステム教育に興味。ってな感じです。

    ビジネス英会話、アメリカ大学入学など、アメリカ移住で経験した役に立つ情報満載、これからいろいろ紹介したいと思います! 何か悩みごとや知りたかったことがあったら是非コメントくださいね! どうぞよろしくお願いします。

  • banner_04.gif

    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ