*

アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

メリカ大学入学ダメならあなたは?!?というようなアメリカ大学もあります。

一体どんなアメリカ大学なのでしょうか?

学費奨学金を徹底解明してみましょう!

us-college-highest-acceptance-1 アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!
あわせて読みたい注目記事!

 

スポンサーリンク

 

アメリカ大学入学100%OK?

アメリカ大学入学100%OKなんて信じられないかもしれませんが、あることはあるんです。

以前はアメリカ大学ランキングのトップスクールについて色々書きましたが、USニュースはアメリカ大学ランキングトップスクール順とアメリカ大学ランキングアクセプタンスレート順というランキングも発表しています。

アクセプタンスレートはAcceptance rateで、どれだけ入学願書を容認してくれるか、すなわちどれだけ入りやすいかの順になります。

アメリカ大学ランキングアクセプタンスレート
http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/rankings/highest-acceptance-rate

アメリカ大学ランキングトップスクールになるとこのアクセプタンスレートは一桁まで落ちます。

実際10人に1人以下のところがゴロゴロあります。

では逆はどんな感じなのか見ていきましょう。

linkedin_microsoft_3-480x320 アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

source: pakutaso.com

アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?

 

アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?というのは、これらの高アクセプタンスレートのアメリカ大学入学は超簡単ということで、実際にはやることは一つだけです。

願書を送るだけ。

もちろん学費については用意する必要がありますが。

アメリカ大学入学直後というのは英語の勉強はもちろん、英会話についていくのがやっと、その他にクラスの内容の勉強と死ぬほど英語の勉強する感じになります。

その為、アメリカ大学の学部入学についてはできるだけ気にしたくないのが本音です。

よくあるパターンが最初はアメリカ大学の学部に入学できるほどトフルのテスト点数が高くない場合は、そのアメリカ大学のESLクラスにかよって英語の知識を高め、その間にトフルの点数を取ってそのアメリカ大学の学部に入学するという感じです。

実際僕が最初に通ったコロラド州の大学はESLには日本人が結構数多くいましたが、学部には数えるほどしかいませんでした。

この場合はESLに通っているときに留学費用を使っているのと、またESLのクラスは学部に入ってから英語の単位にはならないのを考えると余計な費用なことは確かです。

それならいっその事、直で100%入学できるアメリカ大学に行こうと考える人もいると思います。

scholarship-grants-8-480x320 アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

source: photopin.com

アメリカ大学入学100%OKの学費と奨学金

スポンサーリンク


アメリカ大学入学100%OKの大学の学費と奨学金はどんな感じなのでしょうか?

チェックしてみます。

アメリカ大学高アクセプタンスレートの大学を見ると100%のアメリカ大学はこんな感じになっています。

ビスマルク州立大学
ブリッグハムヤング大学
カリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校
カメロン大学
ニューヨーク市立スタテン島大学


その他諸々数はかなり多いです。

ここでは日本人でもとりあえず聞いたことがある(?)カリフォルニア州とニューヨーク市の大学を見てみます。

というのはとりあえず留学したのなら州の名前が認識できるくらいのほうが全く聞いたことのないような大学よりは良いであろうという個人の見解からです。

とりあえずカリフォルニア州立大学と言えばいちいちどこのカリフォルニア州立大学か調べる人も日本の業者の場合はそれほど多くない(?!?)かもしれないからです。

scholarship-grants-7-480x360 アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

source: photopin.com

カリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校

カリフォルニア州立大学は多くの場所にあり、カリフォルニア州立大学”何何”校という感じで市の名前が通常入ります。

カリフォルニア大学(University of California)と同じ州立大学ですが、カリフォルニア州立大学は比較的入るのがやさしいと言われています(というか、これは事実)。

カリフォルニア大学はバークレー校、ロサンゼルス校などアメリカ大学ランキングのトップスクールに名を連ねています。

 

 

インターナショナル生徒用のページはここです。

http://www.csub.edu/isp/index.html

州立大学の場合、ほとんどの場合日本人を含めたインターナショナル生徒用の奨学金は”でません”。

よってこのベージでは奨学金の情報はなく、学費の情報と雇用の情報が出ています。

学費と宿・食事とトータルは1年で2万9千ドル(300万円ほど)で、F1ビザで週20時間まで学校内で働くことができるそうです。

 

http://www.csub.edu/isp/International%20Students/Prospective%20Students/Costs/index.html#Cost

http://www.csub.edu/isp/Exchange%20and%20Visiting%20Students/Employment/index.html

 

基本的に雇用はインターナショナル生徒の場合は勉強をしに来ているので、少ない機会を除いては出来ないと思ったほうがいいでしょう。

週20時間働くとすると、時給8ドル位で一ヶ月に640ドル(7万円程度)ほど、稼げるかもしれません。小遣いの足しにはなるかもしれませんが、学費を払うには程遠いですね。。。

scholarship-grants-6 アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

source: photopin.com

ニューヨーク市立スタテン島大学

 

ニューヨーク市立スタテン島大学のページはここです。

http://www.csi.cuny.edu/admissions/

ニューヨーク市立大学のなかでも場所と専攻によっては”行きたい!”という場合もあるかもしれません。

たとえば、アメリカでは日系のMichio Kaku教授がニューヨーク市立大学ニューヨーク校で物理を教えています。

https://www.ccny.cuny.edu/profiles/michio-kaku

彼はアメリカでもかなり有名でストリングセオリーに貢献しています。

ハーバード大学、カリフォルニア大学バークレー校卒業です。

アメリカ国内のテレビでも引っ張りだこみたいです。

一度以前長女が通っていた高校に公演をしに来ていただいたので近くでお目にかかりましたが、公演もとても面白く皆の笑いを誘っていました。

プレゼンの王者というような感じです。

 

プレゼンに関してはこちら参照。

 

地元でも物理を学びにKaku教授のところへ行きたいという友人もいるので、ニューヨーク市立大学もあなどれません。

ではニューヨーク市立スタテン島大学の学費、奨学金についてみてみます。

http://www.csi.cuny.edu/admissions/international/

”International students are required to pay the tuition and fees for out-of-state students.”

とありインターナショナル生徒は州外の生徒と同じ授業料を払う必要があります。

インターナショナル生徒用の奨学金はほぼなしで、以下のページではアメリカ政府のインターナショナル生徒用の奨学金は2%にすぎないので色々調べて見るよう情報が載っています。(これはニューヨーク市立スタテン島大学にかぎらず、一般的情報です。)

http://www2.cuny.edu/financial-aid/student-eligibility/international-students/

http://www.csi.cuny.edu/international/forms/CSIFinancialRequirements_I20_DS2019.pdf

によると1年総額$40,912ドル必要で、カリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校より100万円位高くつきそうです。

このニューヨーク市立スタテン島大学はニューヨーク市に近いのですべて高いという感じですか。。。

 

invitation_banner106 アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

 

アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金 最後に

 

アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金”を最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

まとめです。

  • アメリカ大学の中には願書を出せば100%入学決定という大学もおおい。
  • でも学費、その他の費用はほぼ自費で用意が必要。
  • 場所によるが、1年に300万円から400万円は普通はかかる。
  • 中には有名な教授もいるかも。
  • 学部に直接入るのでとりあえず安心?

などです。

アメリカ大学留学希望の方、こういった大学を見てみるのもオプションの一つかもしれません。

 

こちらもオススメ!

アメリカで成功する秘訣」 一覧

 

こんなのも読んでみませんか?

 

YoutubeからMichio Kaku教授の公演を見てみましょう。

Michio Kaku (2015) “The Computer Will Be Everywhere And Nowhere”

スポンサーリンク

関連記事

Hex_Blue_Logo_Top

アメリカ大学への留学経路編・その4

今日はWifeが長女の現地校のプロジェクト製品を作っている。何かというと、”Cave"。発泡スチロー

記事を読む

eikaiwa4

ビジネス英会話比較、英語教室通用しない?オンライン英会話?

ビジネス英会話(eikaiwa)、ビジネス英語と、日本企業が よりグローバルになるにつれマンツーマ

記事を読む

girl_studying

アメリカ大学、入学願書の秘密公開!実態、種類、奨学金について!

アメリカ大学では通常秋から新入学生が入ってきます。 高校生が卒業するのが5月中頃で、夏休みが始まり

記事を読む

us-ranking-5

アメリカ大学学費激安?免除ならずともこれで進学できる!!

アメリカ大学で学費激安なところなんかない! という感じが強いですが、免除ならずともこれで

記事を読む

coursera

東工大とアメリカ大学の見えない関係?Coursera?

東工大の三島学長が今年4月の入学式で9分に及ぶ式辞を 日本人の生徒に対してすべて英語ですると言

記事を読む

us-ranking-1

USニュース世界大学ランキング2017、日本後退、中国強し不変?

USニュース世界大学ランキング2017が毎年恒例のこの時期に発表されました。 日本勢は後退模様

記事を読む

eikaiwa-stiff-shoulder-2

英会話で肩こり?サクサクっと3行で学習しよう!

英会話で”肩こり”とはどう言うかご存じですか? 超簡単なのでサクサクっとマスターしてしまいまし

記事を読む

stap-hope-page-obokata-2

STAP HOPE PAGE、小保方晴子の英語が洒落にならない

小保方晴子氏(元理研研究員)のSTAP細胞騒動から 2年経ち、今になって”誰かにSTAP細胞の

記事を読む

global_university_ranking

世界大学ランキングマップ日本事情。中国強し、東大続く。就職は?

世界大学ランキングマップがUSニューズから前に 発表され、日本の現状が表に出てきました。中国の

記事を読む

pokemon-go-study

アメリカ高校で大学の単位をタダで取る秘密!AP以外?

米大統領選を数日後に控えトランプ氏の追い上げばかりニュースになってますが、サンダース氏が言っていたア

記事を読む

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  • ビットコインが流行ってきています。これに乗り遅れないためには、リスク無しのタダでビットコインを集めるサイトから始めてみたらどうですか?今すぐチェック!!毎日何もしないでコツコツ貯めてくれるこのサイトオススメです。 “bitcoin-logo-1"
  • 不労所得などできるわけないだろ?!?画像をクリックして内容確認なう! kawasima-logo-1
  • スマホを何かに使えないかな〜?!?画像をクリックしてみると? smart-phone-affiliate-2
  • フォローしていただくと最新情報が受け取れますよ!泣いちゃうほど嬉しいです!! follow us in feedly
  • Profile Image 皆さん、こんにちは!管理人のマサルです。横浜生まれ、横須賀育ち。アメリカ移住22年目。いまだになんとかやってます。ということでアメリカ移住での成功の秘訣情報を流す決意をしました!

    ちなみに僕の今までの状況を言いますと、2007年後半に10年以上滞在したコロラドスプリングスからシンシナティーエリアに引越し。コロラド大学ボウルダー校大学院、テレコミュニケーション科修士課程終了。同校コンピューターサイエンスインターナショナルビジネス・マーケティング科学士課程終了。1998年までに同校初のコンピューターサイエンス科を含む日本人二重専攻達成。アリゾナ州立大学院MBA終了。

    ルーセントテクノロジー、MCI、HP、アジレントテクノロジー、インテルなど大手企業でエンジニアとして働く。片手間に国際アメリカ大学(NAU)、コロラド技術大学(CTU)の教授として、コンピューター関係のクラスを6年ほど教えた経験あり。某メーカーでロボット工学エンジニアとして勤務後、アメリカ屈指の子供病院にて、リサーチIT部門でpetaバイトスケールのデータストーレジ責任者に。現在は子供達のアメリカ高校教育、アメリカ大学進学、またステム教育に興味。ってな感じです。

    ビジネス英会話、アメリカ大学入学など、アメリカ移住で経験した役に立つ情報満載、これからいろいろ紹介したいと思います! 何か悩みごとや知りたかったことがあったら是非コメントくださいね! どうぞよろしくお願いします。

  • banner_04.gif

    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ