*

アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

メリカ大学ランキング2017が発表され、また学費激高で悩んでいます。

こう毎年ぐんぐん学費が上がると親として困りますね。

ここでも秘密を知っているとすこしは楽になるみたいです!

チェックしてみましょう。

us-ranking-2017 アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

 

スポンサーリンク

 

アメリカ大学ランキング2017発表

アメリカ大学ランキング2017版がアメリカ、USニュースから発表になりました。

http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/best-colleges/rankings/national-universities

アメリカ大学ランキング2017版の内容をちょっと見てみると今年のアメリカ大学ランキングのトップ25はこんな感じになっています。

1.プリンストン大学
2.ハーバード大学
3.シカゴ大学
3.イェール大学
5.コロンビア大学
5.スタンフォード大学
7.マサチューセッツ工科大学(MIT)
8.デューク大学
8.ペンシルバニア大学
10.ジョンズ・ホプキンス大学
11.ダートマス大学
12.カリフォルニア工科大学(CalTech)
12.ノースウェスタン大学
14.ブラウン大学
15.コーネル大学
15.ライス大学
15.ノーテルダム大学
15.バンダービルト大学
19.ワシントン大学(セントルイス)
20.エモリー大学
20.ジョージタウン大学
20.カリフォルニア大学バークレー校
23.南カリフォルニア大学
24.カーネギーメロン大学
24.カリフォルニア大学ロサンゼルス校

アイビー・リーグの8校を始め、その他の世界でも有名なアメリカ大学の名前が連なっています。

ここで気がつくのはいくつかあります。

  • アメリカ大学ランキングトップ25校の順位は多少の変動はあれど、ほとんど変わらない。
  • アメリカ大学ランキングトップ25校の順位は”総合、一般”のランキングの為、専攻ごとのランキングは変わる。その為、興味のある専攻ごとのアメリカ大学ランキングを見る必要がある。
  • ここで見られる経費は授業料、その他の経費だけであり、宿舎・アパート・食事などは含まれていない。

などです。

us-ranking-2-480x479 アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

source: usnews.com

3位のシカゴ大学はここ数年で順位をじわじわ上にあがってきているアメリカ大学で、特に生徒に対して高校1年のころからいろいろコンタクトをとり、高校生のうちからシカゴ大学の一員と言う錯覚に持っていくテクニックはとても目を見張る物があります。

こちらも参照。

 

アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?

 

アメリカ大学ランキング2017でまた目に止まるのは学費激高の傾向はストップしていないということ。

毎年、アメリカ大学の学費は上がるだけにとどまり、少なくとも数%増のところがほとんど。

これにアメリカ大学も気がついたのか、大学によっては学費増加ストップと言う大学も聞いたことはありますが、その数は数えるほど少ないように感じます。

一般のアメリカ大学授業料の常識では”学費は上がるだけ”とアメリカの親達は嘆いています。

上でも言ったとおり、この金額は授業料だけで宿舎・アパート・食事の費用は含まれておらず、実際には場所にもよりますがこれらに余計に1万ドルから2万ドル(100万円から200万円ほど)程度かかると考えたほうがいいです。

us-ranking-3-480x360 アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

この細かい内訳はこんな感じです。

  • ハウジング(ドーミトリー、アパートなど)
  • 食事
  • その他
  • 交通費(飛行機代、車ガソリン代、駐車場代など)
  • 教科書、その他のクラスで使うものなど
  • 健康保険代
  • 生徒アクティビティ代

そしてハウジングと食事が実際の費用の7割を占めます。

交通費では大学が他州の遠くにある場合など飛行機でしかなかなか行けない場合に考える必要があります。

教科書は大学のギフトショップなどで買えますが新品を買うと教科書によって200ドル以上(2万円ほど)かかるので、僕の場合はアマゾンなどから借りるかその他のオンラインショップで子供に買うようにしています。

最近はクラスによってオンラインの宿題サイトを使うことが多く、これらの場合は残念ながらほぼ全額を払わなくてはならないところも増えているので、親としては頭がいたいところです。

健康保険代は普通は親の保険で25歳まで大学のフルタイム(12単位以上とっている生徒)生徒の場合はカバーされますが、それでも大学でちょこっとある怪我や毎年恒例のインフルエンザ予防接種などはこの別に払う健康保険代でカバーされます。

これを見てみると実際節約できるのはその他、教科書位でなかなか節約できるものでもありません。

それで生徒は学校で働くなどをして支払いの足しにしています。

us-ranking-4-480x360 アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

このページでは近くの州立大学などであればタダで行ける秘密を公開しています。

 

 

アメリカ大学ランキング2017の学費激高?でも秘密が。

スポンサーリンク


アメリカ大学ランキング2017の学費激高?でも秘密があることはあります。

学費と上で述べた費用をすべて入れると毎年、7万ドル程度(700万円)かかってしまいます。

これを大学在学中の4年間やると3000万円程度かかってしまい、実際のところこれを自費で払うのはかなりきついと思います。

特にインターナショナル生徒(日本人も含めて)の場合は返済義務なしの奨学金はかなりとるのが難しいので、ほぼ全額カバーする羽目になるかもしれません。

アメリカ国内の生徒の場合はNeed based scholarshipというのがあり、親の収入レベルによって返済義務なしの奨学金が出るところもあります。

これは通常、アメリカ大学ランキングトップ25以内の大学で私立大学の場合です。

詳細は大学のファイナンシャルエイドオフィスに書いてあります。

ココらへんも参照してください。

 

アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が。最後に

us-ranking-5-480x320 アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が!!

アメリカ大学ランキング2017発表。学費激高?でも秘密が。”を最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

まとめとして

  • アメリカ大学ランキングトップ25校の順位は多少の変動はあれど、ほとんど変わらない。
  • アメリカ大学ランキングトップ25校の順位は”総合、一般”のランキングの為、専攻ごとのランキングは変わる。その為、興味のある専攻ごとのアメリカ大学ランキングを見る必要がある。
  • ここで見られる経費は授業料、その他の経費だけであり、宿舎・アパート・食事などは含まれていない。
  • すべての経費を含めるとアメリカ大学ランキングトップ25校では年間700万円ほどかかるかも。
  • 日本人で返済無しの奨学金を取るのは難しい。
  • アメリカ国内の生徒にはNeed based scholarshipがある。

などです。

僕は3人子供がいて、現在長女はアメリカ大学に通っていますので、これらの学費などについての質問がありましたら以下コメントお願いします。

子供の教育がんばってください!

こちらもオススメ!

アメリカで成功する秘訣」 一覧

 

こんなのも読んでみませんか?

 

この記事が役に立つと思われたら、

◀️◀️◀️↖️↖️↖️左(🔽🔽🔽または下)のソーシャルボタンで共有して友達にも教えてしまいましょう!

スポンサーリンク

関連記事

us-ranking-1

USニュース世界大学ランキング2017、日本後退、中国強し不変?

USニュース世界大学ランキング2017が毎年恒例のこの時期に発表されました。 日本勢は後退模様

記事を読む

I-helped-out

ビジネス英会話で”頼む”はどう言う?お願いと主張にもコツがある!

ビジネス英会話や通常英会話で”頼む”はどう言うかご存じですか? お願いと主張の英語もちょっと見てみ

記事を読む

coursera

東工大とアメリカ大学の見えない関係?Coursera?

東工大の三島学長が今年4月の入学式で9分に及ぶ式辞を 日本人の生徒に対してすべて英語ですると言

記事を読む

Green_Clober_Logo

アメリカ大学院入学はインターンで確実に

”アメリカ大学院へ100%の確率で入る方法”では、どうやったら100%に近い確率でアメリカ大学院へ入

記事を読む

Hex_Blue_Logo_Top

絶対入れる大学院の選び方

もう少し大学院の話です。超一流のアメリカ大学院へ入るのはもちろん難しいですが、普通程度のアメリカ大学

記事を読む

Double_Green_Logo_Top

このイディオムをよく理解する!

アメリカで学んだイディオムの中に”The cup is always half full or ha

記事を読む

scholarship-grants-6

アメリカ大学入学ダメならあなたは◯◯?学費と奨学金を徹底解明!

アメリカ大学入学ダメならあなたは?!?というようなアメリカ大学もあります。 一体どんなアメリカ

記事を読む

Hex_Blue_Logo_Top

アメリカ大学で2.5重専攻。気が狂ったか~編

今日は、サクサクっと昨日の続き。 「どうして2.5重専攻をしたか。」に焦点を絞ってみよう。 僕は

記事を読む

us-election-8

トランプショック?米国大統領選挙直後の知らざるアメリカ10選!

トランプショックが世界各地で起きてるみたいです。 米国大統領選挙直後に僕が観察した一般人の知ら

記事を読む

Double_Green_Logo_Top

アメリカ大学への留学経路編・その2

今日は何個か、本題に入る前に報告したいことがある。本題は一番↓↓↓にあるから、お見逃しなく  最初

記事を読む

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  • 不労所得などできるわけないだろ?!?画像をクリックして内容確認なう! kawasima-logo-1
  • スマホを何かに使えないかな〜?!?画像をクリックしてみると? smart-phone-affiliate-2
  • フォローしていただくと最新情報が受け取れますよ!泣いちゃうほど嬉しいです!! follow us in feedly
  • Profile Image 皆さん、こんにちは!管理人のマサルです。横浜生まれ、横須賀育ち。アメリカ移住22年目。いまだになんとかやってます。ということでアメリカ移住での成功の秘訣情報を流す決意をしました!

    ちなみに僕の今までの状況を言いますと、2007年後半に10年以上滞在したコロラドスプリングスからシンシナティーエリアに引越し。コロラド大学ボウルダー校大学院、テレコミュニケーション科修士課程終了。同校コンピューターサイエンスインターナショナルビジネス・マーケティング科学士課程終了。1998年までに同校初のコンピューターサイエンス科を含む日本人二重専攻達成。アリゾナ州立大学院MBA終了。

    ルーセントテクノロジー、MCI、HP、アジレントテクノロジー、インテルなど大手企業でエンジニアとして働く。片手間に国際アメリカ大学(NAU)、コロラド技術大学(CTU)の教授として、コンピューター関係のクラスを6年ほど教えた経験あり。某メーカーでロボット工学エンジニアとして勤務後、アメリカ屈指の子供病院にて、リサーチIT部門でpetaバイトスケールのデータストーレジ責任者に。現在は子供達のアメリカ高校教育、アメリカ大学進学、またステム教育に興味。ってな感じです。

    ビジネス英会話、アメリカ大学入学など、アメリカ移住で経験した役に立つ情報満載、これからいろいろ紹介したいと思います! 何か悩みごとや知りたかったことがあったら是非コメントくださいね! どうぞよろしくお願いします。

  • banner_04.gif

    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ